パタゴニア 鎌倉店

パタゴニアは世界的にも有名なアウトドアブランドですが、その日本支社が鎌倉であることは意外と知られてないのかもしれません。日本支社が鎌倉に移転したのは1994年のことで、日本で2店舗目の直営店としてオープンしました。そして2015年10月には店舗がリニューアルされ、1階と2階の2フロアに拡充しました。

鎌倉を歩いているとパタゴニアを纏った人をよく見かけます。土地柄マリンスポーツやアウトドアを楽しむ人が多いのですし、何よりパタゴニア鎌倉店の存在が大きいのではないでしょうか。お店は鎌倉駅東口から歩いて、若宮大路に出ると見える位置にあります。駅から徒歩3分程度、車は東急ストアの駐車場を利用するといいでしょう。

パタゴニアは全社的に環境保護活動に取り組んでいます。例えば売上の1%を草の根で活動する環境グループに寄付しているなど、企業活動を通じて地球環境の問題提起をしているんですね。鎌倉店でも商品を購入した時は、なるべく袋に入れないようにしています。鎌倉店の2階はゆっくり座れるソファスペースもあるので、家族で訪れてもリラックスしながらショッピングを楽しめます。

スポンサーリンク





2013年には 「Patagonia(パタゴニア)」「BEAMS T(ビームス T)」がコラボして、パタゴニア鎌倉店のそばにある「鎌倉市農協連即売所(通称:レンバイ)」のオフィシャルトートバッグが作られたりと、地元を意識した展開がみられます。こういった企画はこれからも続けていってほしいです。

「180°SOUTH」という映画をご存知でしょうか?この映画は約40年前、パタゴニア社を創業した青年とノースフェイス社を創業した青年、どちらも世界的なアウトドアブランドに育てあげた2人が、サーフィンやクライミングをしながら、ビデオカメラを持ってチリのパタゴニアの大自然を旅し、その様子をテープに残した、ドキュメンタリー作品になっています。ちなみに映画の公式サイトはこちらです。

両ブランド設立のきっかけとなったこの伝説的なロード・トリップなので、気になる人はチェックしてみてください。

パタゴニアはフリースやダウンなど、年々素材が進化しているように思えます。長い人生をパタゴニアとともに地球環境のことを考えながら付き合っていけたらいいですね。

スポンサーリンク





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です