肉の稲村亭

江ノ電の車窓を眺めていると、稲村ケ崎駅から極楽寺へ出発して間もなく、インパクトのある赤い文字の看板が目に入ります。文字には「味自慢の焼豚 肉の稲村亭」と書いてあります。観光ガイドブックにもよく載っていたお店だったので、早く行ってみたいと思っていました。

車で移動する場合は国道134号線を使って海の景色を楽しみますが、「肉の稲村亭」がある場所は、国道134号線から1本入った裏道で江ノ電沿いに位置しています。車の場合は駐車場を探すの大変そうなので、電車で行くことをオススメします。またはネット通販もしているのでご覧になってみてください。

肉の稲村亭
http://www.kamakura-yakibuta.co.jp

私は「手作り炭火焼豚」と「炭火焼き鳥」を買ってみました。お店の方に聞くと、保存は冷蔵で2週間、冷凍で1ヶ月持つそうです。炭火焼豚は国産豚モモ肉を使っていて、先代から伝わる稲村亭秘伝のタレにじっくりと漬け込むんだそうです。そして国産(島根産)の炭で丁寧に焼き上げています。モモ肉なので脂身が少なく、割とあっさりとした印象でしたが、炭の香りが口一杯に広がります。

焼き鳥も付け合わせのタレと一緒に食べると、とっても香ばしく、歯ごたえも感じられて美味でした。一部軟骨の部位もあって、個人的にはそこの歯ごたえがたまりませんでした。今回は2商品を購入しましたが、次回立ち寄ったときは、違う商品を買ってみようと思います。お土産にもいいと思いますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です