金子丸直売所

鎌倉グルメのひとつとしてシラスがあります。鎌倉に行ったらシラス丼や生シラスを食べよう、と思っている方もいると思います。鎌倉駅周辺のレストランや飲食店でも食べることができますね。しかしもっと新鮮で獲れたばかりのシラスを食べてみたい方に今回ご紹介したいと思います。

腰越にある「金子直売所」というシラス販売店です。場所は江ノ電「腰越駅」を降りて、小動岬(こゆるぎみさき)の方面へ歩いていきます。鎌倉高校前の海方面ですね。所要時間は大体3分くらいです。国道134号線沿いの「小動(こゆるぎ)」という交差点があります。

その信号のそばに小さな駐車場がありますが、その脇の小道を入っていきます。「えっ?、こんなところに入るの?」と思いますが入ります。そうすると「しらす直売はこの奥⇒」という小さな看板が右手に見えると思います。この看板があるのは普通の民家の玄関です。

「えっ?まさかここ入るの?」と思うかもしれません。私も最初行ったとき躊躇していたら、親切なおじいちゃんが「そこの奥に入るんだよ、そして家のチャイムを鳴らしてごらん。」と教えてくれました。鎌倉の方は優しいですね。

人の家の敷地に勝手に入るのはちょっと緊張しましたが、その奥にはシラスを天日干ししている設備が置いてある庭があり、その横に民家がありました。その玄関のチャイムを鳴らすと元気なおばちゃんが迎えてくれました。

シラスは200gで600円です。鎌倉駅のエキナカショップでも購入できますが同じ量で1000円だったと思います。時間に余裕があって、取れたて感を味わいたければこの「金子直売所」が良いと思います。私はこのシラスをそのまま食べたり、パスタに使ったりしました。とっても甘みがあってふわふわです。

飲食店のシラスも美味しいですが、究極を味わいたければ腰越の金子直売所がオススメです!鎌倉のお土産に迷っていて、ちょっと変化球がほしいなと思った時もいいのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です