丸だい ひもの専門店

江ノ島神社へ向かう参道の入り口に、古めかしい鳥居が立っていますが、そのすぐ脇に「丸だい ひもの専門店」はあります。海産物の生産・提供が多いこのエリアで、江ノ島の玄関口を仕切っているあたりは、やはり古くから信頼を勝ち取ってきた証なのでしょう。

このお店は干物専門店ですが、お店のすぐ近くに「仙水(せんすい)」という海鮮・磯料理を扱った定食屋があります。ここにはまだ行っていませんが、少し高級の定食御膳を食べることができます。

この「仙水(せんすい)」「丸だい」は、1830年(天保元年)創業というから驚きです。そもそも鎌倉エリアは老舗が多いですが、その中でも江ノ島エリアはとんでもなく昔から営業しているお店をいくつか確認することができます。

スポンサーリンク





お店に並んでいる品物ですが、

うにいか 650円
蛍いか沖漬 650円
たこわさび 540円
かつを酒盗 540円
ちりめんしそ若布 480円
しらす茎わかめ佃煮 540円

干物でいうと、
むろあじ 3枚 750円
かます 3枚 1000円
きんめ 2枚 1400円
アジ みりん干し 4枚 840円
さば みりん干し 3枚 1000円

などがあります。日によってお値段が変わるかもしれません。他にはしらすふりかけ昆布ちりめんいわしせんべいなどもありました。

私はうにいかを買って、自宅で食べましたがとても美味しかったです。今度は蛍いか沖漬けや、少々高めですが干物も買ってみたいと思います。長く続いているお店なのでハズレはなさそうな感じでした。店主と相談しながら買い物を楽しむと良さそうですね。

スポンサーリンク





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です