鎌倉食堂

混雑する小町通りから一本入った脇道でランチしようと思い、小径を歩いていました。すると一際すごい行列を作っているお店があったので何だろうと思ったら、「玉子焼き おざわ」というお店でした。何やら玉子焼き御膳というメニューが人気ということです。ふわふわの出し巻き卵のランチなんて珍しいですね。近々行ってみたいと思います。

さらに細い路地を歩いていると「鎌倉食堂」がありました。入口を見る限り狭そうなお店なのですが、入ってみると40席くらいある大きめのダイニングがありました。小町周辺でこのように大きめの空間が取れているお店はなかなかないかもしれません。ちょっとした貸し切りパーティでも使い勝手が良さそうです。

ここ「鎌倉食堂」は地元食材・お酒を全面に取り入れている定食屋です。「葉山牛をつかったデミグラスハンバーグ定食(990円)」「釜揚げしらすと生しらすの二色丼定食(1290円)」「湘南豚をつかったトンカツ定食(990円)」「鎌倉野菜をつかったカレー定食(1090円)」「湘南小坪産のあじフライ定食(990円)」「湘南地鶏をつかった鶏の唐揚げ定食(1100円)」など、バラエティに富んだランチメニューです。

スポンサーリンク





どれも限定20食ということですが私は「葉山牛をつかったデミグラスハンバーグ定食(990円)」を選びました。プラス350円で「ミニ釜揚げしらす丼セット」になるので奮発してそれにしました。他に「ドリンクセット(プラス300円)」や「ドリンク&ミニ釜揚げしらす丼セット(550円)」があります。

店内は行列こそありませんでしたが、満席状態でした。ほどなくして料理が運ばれてきました。サラダにかかっているドレッシングは私の好きな牛丼松屋のフレンチドレッシングに似ています。お味噌汁ではなくコンソメスープを口に入れてからハンバーグを頂きました。

一般的なハンバーグよりも柔らかく旨味がありました。さすが葉山牛ですね。さらに印象的だったのは甘めに仕上がったデミグラスソースです。白いご飯との相性は抜群でしょう。私はミニ釜揚げしらす丼にしましたが、ご飯に特性ダレがかかっていて、刻んだ高菜が歯ごたえを引き出してくれて美味しかったです。

スポンサーリンク





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です