葉山OASIS(オアシス)

その日は夏の関東特有の不安定な気候で、鎌倉も朝から雷雨が鳴り響いていました。しかしお昼時になると、雲の切れ目から青空が出てくるようになったので、夕方から葉山の森戸海岸へ行く予定だったのを早めて、13時頃から森戸海岸葉山OASIS(オアシス)へと向かいました。

葉山OASISとは、1981年頃から森戸海岸に存在する伝説の海の家です。私も今ネットで調べてその歴史の古さに驚きました。昔の海の家といえば、焼きそばにビール、かき氷くらいなもので、BGMは演歌かJポップでした。しかし今から30年以上も前から、この葉山OASISは海の家の概念にとらわれずに、独自路線を貫いてきたといえます。

いささか大きめの海の家、いや、海の家というかジャマイカのような南国にありそうな海辺のライブバーといったほうがピンとくるかもしれません。建物の躯体はでできていて、その上にトタン板やベニア板を乗せている様は、実行委員の方が力を合わせて丁寧に作り上げてた映像が頭に浮かびます。

スポンサーリンク





今年の葉山OASISは7/2〜8/28まで開催されています。

【葉山OASIS 2016】
期間 7/2〜8/28
場所 森戸海岸
住所 神奈川県三浦郡葉山町堀内 森戸海岸

アクセス 
JR横須賀線逗子駅前の3番乗り場から「葉山一色行き」に乗車
 ↓
「森戸海岸」もしくは「森戸神社」バス停で下車

駐車場は葉山OASISの裏手に有料パーキングがあったり、ビーチの裏手にも三井のリパークが2箇所あります。平日であれば問題なくパーキングすることができると思います。公式ホームページに地図も載っているのでチェックしてみてください。

夕方になると様々なアーティストがステージで生演奏してくれます。私たちが行った日は「Spinna B-ILL」で、アーティストとの距離も近いので極上の時間を味わうことができました。ライブスケジュールはこちらからチェックしましょう。

スポンサーリンク





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です