大黒屋(龍の口せんべい)

江ノ電「江ノ島駅」から歩いて3分程度、腰越方面といいましょうか、龍口寺前の交差点のところに『大黒屋(龍の口せんべい)』はあります。老舗が立ち並ぶ江ノ島・腰越エリアにマッチした雰囲気のお煎餅屋さんです。

創業から70年以上経過しているお店で、国産米100%を使用した、全て自家製のお煎餅がショーケースに並べられています。具体的には、あられは国産もち米、せんべいは国産うるち米を使用していて、添加物は使用していません。

鎌倉エリアはお煎餅さんが多いので、基本的に平均的なレベルが高いですし、老舗も多いのであまりハズレというお店はありません。ここ『大黒屋(龍の口せんべい)』もせんべいの種類が豊富で、価格も比較的リーズナブルとなっています。

スポンサーリンク





ラインナップを見てみると、

堅大丸 
 せんべいの定番、しょうゆ味です。
のり角・昆布巻
 ひび焼きせんべい(醤油味)に、海苔・昆布をそれぞれ1枚1枚巻きあげました。
双角(ざらかく) 
 甘辛醤油を下地に、白ざらめをふんだんにまぶしています。
胡麻大丸・多胡麻(おおごま)
 黒胡椒を練り込み、香ばしく焼き上げています。
甘大丸・しそ甘大・抹茶
 白砂糖をすり上げ、1枚1枚刷毛塗りしています。
みそ風味
 素焼きの上に、甘味噌を1枚1枚刷毛塗りしています。
江戸巻・いかだ(おかき)
 原材料はもち米。生地を「天日乾燥」しています。

その他にも「七味唐辛子」「梅ざらめ」「桜せんべい(季節限定)」などがあり、価格は1枚50円〜80円が相場になっています。

鎌倉・湘南エリアにお住まいでない方は、ネット通販もできますので、ぜひチェックしてみてください。基本的には詰め合わせセットを取り寄せることができます。

歯ごたえがよく、食べ応えもあるのがここの煎餅の特徴でしょうか。ぶらり通りかかった際でも寄ってみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です