ひさ本

小町通りから一本東寄りの小さな通りを裏小町通りと呼びます。この裏小町通りはランチ激戦区になっていて、狭いエリアに何件もの飲食店が連なっています。個性的なお店が多いので歩くだけでも楽しいのですが、その日は親子丼を食べよう、と心に決めてひさ本に入りました。

ひさ本の外観を見る限り、創業何十年も経っていそうな鎌倉らしい造りです。引き戸を開けて中に入ると、意外にも狭かったので少々驚きました。入ってすぐ左右にカウンター席が10席程度でしょうか。カウンターの裏手の棚にはグラスや食器類、焼酎などが置いてあって、どちらかというと新橋にあるような飲み屋のような雰囲気です。調べてみると創業して80年経っているようですね

おそらく親子と思われるお二人がお店を経営しているのでしょう。お母さんと思われる年配の方は裏方といった感じです。私がお店に入ったのは12時前だったので、まだお客はいませんでした。一番奥のカウンター席に座った私は、迷うことなく親子丼(1200円)を注文しました。その後、店主が目の前で丁寧に温かいお茶を入れてくれました。

スポンサーリンク





ランチメニューとしては、

親子丼 1200円
卵しらす丼 1500円
うな丼 3000円
ひさ本定食 1500円
明太子定食 1300円

といった感じだったと思います。すべてに味噌汁と漬物が付いてきます。

私が頼んだ親子丼は美味しかったのですが、ちょっと汁っぽかったのが気になりました。つゆだくが好きな人にはオススメですが、ご飯の感触も味わいたい人にとっては少し物足りないかもしれません。ちなみに海苔の佃煮をお土産として買えるようですね、少し気になりました。

調べてみたわかったのですが、1階だけかと思っていたら2階の座敷もあるようです。しかし今は1階だけ、さらにランチライムのみ営業ということです。夜の雰囲気もよさげなので勿体ない感じがしますが、お店にも事情があると思うのでしょうがないと思います。

スポンサーリンク





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です