御曹司 きよやす邸 鎌倉プリンスホテル店

七里ガ浜は国道134号沿いのセブンイレブンのところ、行合橋交差点付近は絶景スポットのひとつです。相模湾の上に浮かぶ江ノ島と、壮大な富士山が目に入ります。特に冬の季節は空気が澄んでいて、富士山もよりくっきり見えるし、夕暮れ時は江ノ島方面に沈む夕日にシャッターを向ける観光客が多いです。そんな七里ガ浜ですが少し高台に行くともっと景色のいいスポットがあります。

鎌倉プリンスホテル店の敷地内にある「御曹司 きよやす邸」は七里ガ浜の高台から絶景を望むことができるレストランのひとつです。江ノ電七里ガ浜駅から歩くと10分程度かかるので、鎌倉プリンスホテルに泊まる客以外の観光客はあまりいません。ここはホテルに宿泊してなくてもランチやディナーを楽しめます。

1週間ほど前の週末に家族で飛び込みランチを試みましたが、あいにく予約でいっぱいで入れませんでした。ですので昨日、あらかじめ電話予約をしておいて行ってきました。立派な日本家屋の建物で、店内は全席オーシャンビューです。1階建てですが天井が高く、大きな木の躯体がところどころむき出しになっっていいるので、見ていて圧巻です。

スポンサーリンク





ランチはコースもありますがお値段も高いので、私たちは「海鮮丼とお蕎麦のセット(1900円)」を注文しました。ランチは他に「和牛やみつきハンバーグ(1900円)」や「きよやす鉄板焼き御膳(2700円)」などがあります。「自家製 牛すじ煮込みデミグラス 和牛ハンバーグとステーキの満腹ランチ(2500円)」というのもありました。

海鮮丼はマグロとハマチ、イカ、いくらが乗っていて、とても新鮮で美味しかったです。特にハマチは身が引き締まっていてコリコリとした食感でした。生ビールの次は「湘南(900円)」という地酒を飲んでみましたが、結構あっさり目でスッキリとした味わいでした。

ここは家族の大事な行事ごとや法事などにもよく使われているようです。庭にも席もあるようで、天気が良い日は完全に特等席ですね。あと鉄板が完備されているカウンター席もあります。

スポンサーリンク





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です