銀のすず

とにかく鎌倉駅周辺で仕事ができるカフェや喫茶店のレパートリーを増やしたい今日この頃です。これまでの成果でいうと御成町のスタバが抜群に良く、そして若宮大路通り沿いの鎌倉bowlsもなかなかでした。その日は鎌倉駅周辺の中でも好立地な喫茶店「銀のすず」に行ってきました。

鎌倉駅東口を出てバスロータリーを渡り、若宮大路に出る手前に「銀のすず」はあります。駅から歩いて1分もかからないくらい良い場所にあります。ビルの2階と3階が「銀のすず」になっていて、私は2階に案内されました。どうやら2階が禁煙席になっていて、3階が喫煙席でビアレストランになっているようです

午後1時頃だったと思いますが、店内はなかなか広く、お客さんも疎らで混雑していませんでした。打合せをしている3人組と、休憩をしている男女2人しかいませんでした。「これは駅近で穴場の喫茶店を見つけたかな。」と思いましたが、メニューをみて驚きました。

スポンサーリンク





コーヒー880円と書いてありました。コーヒー1杯にこんな値段を取るなんて驚きです。これは店のロケーションを鑑みた場所代なのか?、はたまた値段相応の美味しいコーヒーなのか?、分かりませんでしたが取りあえずオーダーしました。以前テレビで1万円もするコーヒーを販売している喫茶店を見たことがあったので、そう考えると一度くらい880円払ってコーヒー飲んでもいいかなと思いました。

結構時間がかかって運ばれてきたコーヒーに口をつけました。まあ美味しいですが感動するほどのコーヒーではありません。私はコーヒーに詳しいわけではないので深い味わいについては書けませんが、スタバやタリーズのコーヒーと変わりません。ということは、やはり場所代がお高くついているのでしょうか。

店内は心地よいピアノ演奏のBGMが流れており、騒がしくもないので落ち着いて仕事をしたり、休憩することはできます。高いお店なので騒がしい若者が入ってくることもないでしょう。只、こんなに客単価の高い喫茶店は初めてでした。「銀のすず」に行くのはこれっきりになりそうです。でもどうしても休憩したいときなどは最後の選択肢として用意しておくのもいいかもしれません。

スポンサーリンク





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です