居食家 灯り

今日は珍しくここへランチに行こうと決めていました。地元の人からも愛される人気店だという予備知識を詰め込んでいたので、ランチの開店時刻であろう11時30分より5分前に到着しました。お店は御成町にある「灯り」です。しかし「灯り」のランチ開店時刻は11時ちょうどだったらしく、もう既に店内は一杯で、さらに7人くらいの行列ができていました。

「灯り」は鎌倉駅西口を出て、市役所前の交差点を右に曲がります。扇が谷方面へ北へと向かうのですね。そうすると100メートルもしないくらい所にあります。外観はハワイアンと和の融合といった感じです。内観も座敷が用意されていたり和が基調なのですが、細かなインテリアなどハワイテイストも随所に見られました。

行列に並びましたが、前に並んでいるお客さんが団体だったこともあり、15分程度で入店できました。女性客がほとんどだったのでヘルシーなメニューも多いのかなと思いました。たしかに「豆腐ハンバーグとしょうが御飯定食」「豚肉のしゃぶしゃぶサラダ定食」「マグロのユッケ丼定食」など体に優しいメニューがズラリでした。価格帯も1000円〜1100円くらいがメインで食材やボリュームを考えるとリーズナブルと思います。

スポンサーリンク





ここ「灯り」のメインは揚げ物でしょう。私は「アジの梅しそフライとオニオンフライ定食(1100円)」を注文しました。カウンター席に座ったので目の前の厨房がみれました。店主を中心に男3人がチームワークよく料理を作っています。フライを揚げる時に絡める衣作業がとても丁寧でした。あそこまで細かくこだわりをもって作業しているからこそ沢山の人に愛されるフライが完成するのだと感じます。

とにかく男3人がほぼ無言で手際よく回しているのが印象的でした。バイクの趣味があるのか、置かれている雑誌や着ているシャツなども個性的です。おいしい料理というのは運ばれてきた料理を見るだけで分かりますよね。普通のアジフライではありませんでした。とっても肉厚でジューシー、そして中に入っている梅しそとの相性が抜群です。骨一本も入っていないところに仕込みの丁寧さが伺えてきます。

今まで食べた御成町のランチで一番でした。またすぐにでも行きたいです。次回は「国産やわらか若鶏の唐揚げ3ピース定食」を食べたいなあと思います。ランチに行くなら朝食は軽めにおさえて、開店時刻である11時を狙うのが一番かもしれません。

スポンサーリンク





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です