ブランチキッチン(brunch kitchen)

この店に行ったのはおそらく1年以上も前のことだったと思います。正確な記憶を辿ることはできませんが、少なくとも鎌倉に移住する前のことです。「ブランチキッチン(brunch kitchen)」がTVで紹介されていて、妻の提案でこの店へ行くことに決めました。

朝9時オープンと同時に入店した記憶があります。東京方面から横須賀線に乗って1時間、そして鎌倉駅東口を降りて小町通りを歩きます。週末だったと思いますが朝9時前の小町通りはほとんど人がいませんでした。そして小町通りの途中を左に曲がって小道に入るのですが、分かりやすく言うと「鎌倉まめや」がある角を左へと曲がります。そしてしばらくすると左手に今風のオシャレなお店があるのですが、そこが「ブランチキッチン(brunch kitchen)」です。

お店は2013年の春にオープンしたこともあり、外観・内観ともに綺麗でした。日光が充分に注がれるテラス席もあって、私たちはそこに座りました。100人くらいは余裕で収容できるんじゃないかと思うくらい、開放的な空間です。ガラス窓も大きく、店内のフローリングもウッドデッキのようになっていて、ここで結婚式の2次会をすればとっても楽しいだろうと感じました。

スポンサーリンク





さてメニューですが私たちは朝ごはんだったので、「サーモンのタルタルとアボカドとポーチドエッグ」を注文しました。TVで見た料理でしたし、始めて食べる卵料理でした。見た目はハンバーガーのようですが、温めたタマゴを見事に包み込んだ女子力の高い一品です。他には「フレンチトースト」「スクランブルエッグ」も大人気のようですね。

味はかなり濃厚で、ハワイに行って食べる朝食メニューのようでした。料理は見て楽しむものでもあるので、総合点としては高いと思います。「鎌倉で美味しい卵料理と食べたい」もしくは「鎌倉でオシャレな朝食を食べたい」ということであればこのブランチキッチンはおすすめです。ちょっとお値段高めですが、お店の雰囲気や開放的な空間、周りに広がるのどかな自然を考えれば申し分がない価格と思います。

そもそもこのブランチキッチンは六本木にオープンして、鎌倉店は2号店ということになるんですね。ハワイのイメージではなくニューヨークスタイルのようです。三浦野菜や三崎漁港などといった地元食材を使っているところはこの鎌倉小町店ならではです。小町通りの人ごみがウソのように、ゆっくりとした時間を味わえるお店ですね。ペット同伴もOKですよ。気になる方はブランチキッチン(ぐるなび)をみてください。

スポンサーリンク





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です